読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米とうちゃんの子育て記録

2016年9月7日に息子が生まれた新米とうちゃんです。

部署の異動。

transfer-to-a-different-department

すごく小さなベンチャーで働いている。いわゆるスタートアップといわれるところ。

もともとグラフィックデザイナーとして入社したのだが、初めて任されたのはWEBサイトの作成。どうしてもやる人がいないから…という理由で任され、しぶしぶ受けたのだが、これがジョブチェンジの始まりだった。

その後、新しくメディアを立ち上げるとなり、その編集長的なことを担当したのちに、自社プロダクトのマーケティングを担当、そして、そのプロダクトの責任者まで担当することになった。

そして、来月から全社ブランディングを任されることになる。

「ころころと役割が変わって、辛くない?」といわれることがある。確かにほとんどが初めてのことなので、ひとつひとつ覚えるのは大変だ。でも、結構いいこともある。

まずは、成長のチャンスがある。こんなにいろいろと役割が変わると、ひとつの仕事をさまざまな視点から見ることができる。プロダクトを作る開発チームの想いも理解できるし、営業担当者の悩みもわかる。いろんな職種の人と“共通言語”で深い会話することができるのだ。そして、それができることによって社内コミュニケーションがうまくいく。

もうひとつは、変なプライドがなくなる。僕みたく全くやったことがないことを任されることが多いと、もちろん分からないことだらけである。そんなとき、一番の解決方法は“分かる人に聞く”である。これって意外とできない。いままでやってきた自負もあるので、「こんなこと聞いて恥ずかしくないかな」などと思ってしまって聞けなくなることがよくある。しかし僕の場合、そもそも分からないことしかないので誰かに聞くしかない…なので、“人に聞く”という心的ハードルがものすごく下がるのだ。

久しぶりに専門領域で仕事ができそう。専門外で得た知識や経験がどう活かせるのか、とても楽しみ。