読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米とうちゃんの子育て記録

2016年9月7日に息子が生まれた新米とうちゃんです。

どこまで神経質になるべき??

僕も妻も少し潔癖なところがあり、生活していくなかで気になることがたくさんあります。妻が妊娠したからとかではなく、お互いに昔からなのでもう直しようがありません…。

そこで気になるのは出産や子育てに関して、衛生面はどれくらい気をつけたほうがいいのか?ということ。

先日行ったお花見でちょっとビックリ。

先日、妻の友人たちとお花見をしたのですが、その公園にはたくさんのお子さんがいました。

みんな、どろんこで真っ黒になるくらい走り回ってとても微笑ましい気持ちになったのですが、ひとつびっくりしたことがありました。

それは、お子さんがお腹が空いて何か食べようとした時に汚れた手のままでも平気に食べ物に触れていたことです。おにぎりとかもラップに包んでいるわけではないものを手を綺麗にせずに平気で手づかみで食べていました。

それぞれの家庭での教育方針やいろいろな考え方があるとは思いますが、個人的にはちょっとびっくりしてしまいました。

子どもだけじゃなく親もしっかりしないといけない。

子どもは興味があるものをベタベタ触りますし、たくさん遊んでたくさん汚すことに関しては僕は大賛成です。できるだけ自然の多いところで育てたいと考えていますし。

でも、なかにはあまり綺麗ではないものを触っている可能性もありますし、そこで良くない菌を持ってきてしまうかもしれません。そんな状況なのでご飯を食べるときくらいは綺麗に手を洗うなどはしたほうがいいんじゃないかなと思うんです。

もしかしたら、そのお母さんがたまたま気づかずに見落としていただけかもしれませんが、それでも自分の子どもにはしっかりと衛生面は気をつけさせたいなぁと思いました。

子どもだけ綺麗にしていればいいということではなく、親もしっかりと気をつけないといけないなと思います。子どもは親を見て育つといいますし、「まぁこれくらいなら大丈夫か」と思っていることを子どもも真似てしまいます。しかも僕らが触ったものを口にする可能性もありますしね。

f:id:tip-tip-tap-pon:20160421233628j:plain

僕らが神経質なだけ?

とくに幼い子は床や壁などをベタベタ触りながら動き回るでしょうし、それを触った手を口に持っていくか、ずっと見ているのは難しそう。いくら頑張って掃除しても菌はいなくなりませんし、外に行けばなおさらです。

そうやって考えてみると、あんまり神経質になりすぎないほうがいいのかなぁ。子育てしていくうちに、そんなに気にならないようになるのかなぁ。