読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米とうちゃんの子育て記録

2016年9月7日に息子が生まれた新米とうちゃんです。

夫婦で交換日記を始めました

子育て開始1ヶ月を過ぎた頃から夫婦で完全非公開でブログを始めました。

主には息子の記録。その日の授乳時間やミルクの量、排便の回数などを記録し、あとは息子の様子をそれぞれの目線から書き留めるようにしています。

妻の不安を吐き出すために始めてみた。

そもそもなぜ始めようかと思ったかというと、妻がとてもナーバスになっていたから。

もともと完璧主義なところのある妻は自分のなかで「こうあるべき」という想いが少し強いようです。その結果、なかなか上手くできなことにイラだち、息子がどうしてグズっているのか分からないことにものすごい不安を感じていたようです。

生後1ヶ月までは義理の母が身の回りの世話をしてくれていましたが、いよいよ3人の生活が始まるというときに、「どうしても2人になるのが不安…」と言ってくれました。

そこで、僕の仕事に行っている間の様子やその時の感情をとにかく書き留めてもらい、それに対して僕がコメントをする、という交換日記のようなブログをスタートすることにしたのです。

妻の想いを理解してなかった。

初めての妻の投稿には、自分自身の身体も出産でボロボロのなかスタートした子育てに対する不安が綴られていました。それは、僕も何度も聞いていた不安ではあったけど、改めて文字でまとめられた想いを読んだとき、胸を締め付けられました。

それからも息子と向き合っているなかで感じたことや、仕入れた情報をこまめに書いてくれ、ようやく僕も妻の想いを知ることができたように思います。

それまでは、わかったつもりで、自分の目線からしか妻の想いを汲み取ってあげられてなかったんですよね。

今日の息子

そのほかにも、毎日の記録は「今日の息子(← ほんとは名前)」というタイトルで、天候と授乳時間、排便の回数を記録し、それぞれが気づいた息子の様子を書くようにしています。

これをすることで、日々の成長が見えるし、「あれ? いつミルクあげたっけ?」みたいなときにも気軽に確認できるので非常に楽になりました。

いつかは3人の交換日記に。

いまは、日々のことの記録帳になっていますが、もう少し経てば、これも思い出帳として「あのときこんなことあったよね」と懐かしめるようになればと。そして、いつかは息子も入れて3人の交換日記になればいいなと思っています。